blog

クラミジアの特徴や症状・原因・治療法

投稿日:

クラミジアってどんな病気?

クラミジアは、日本で一番感染者の多い性病だといわれています。

クラミジア・トラコマチスという細菌が原因となりますが、目立った症状が出ないケースが多く

その為、発症に気付かずにどんどん感染を広げてしまいかねない性病です。

放置していると男性の場合は前立腺炎や副睾丸炎など、女性は子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎などになり男女ともに不妊のリスクがあります。

また、クラミジアに感染していると、他の性感染症やHIVなどにも感染しやすくなってしまいます。

性器以外にも喉に感染したり、目に感染してクラミジア結膜炎となるケースもあります。

クラミジアの症状

クラミジアは、先に述べた通り症状を自覚しにくく、早期発見が難しい性病です。

しかし放置していると他人に感染させてしまいますし、やがて子供を作れなくなってしまう恐れもあります。

そのため、ちょっとした違和感があったら早めに病院へ行くことをおすすめします。

男性器の症状

  • 尿道から透明な膿が出てくる
  • 尿道の痒み
  • 排尿痛を感じる

女性器の症状

  • おりものの増加
  • 下腹部の痛み
  • 排尿痛や性交痛
  • 不正出血

喉頭感染の症状

  • 喉の痛み
  • 痰が増える

クラミジア結膜炎の症状

  • まぶたの腫れ、むくみ
  • 結膜の充血
  • 目ヤニがでる
  • 結膜にブツブツができる

クラミジアになる原因

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという菌が感染することによって発症する病気で、基本的に性行為によって感染します。

具体的には、精液、膣分泌液、唾液、血液などから感染してしまいます。

その為性器以外に、キスやオーラルセックスによって喉に感染することもあります。

また、菌の付着した手で目をこするなどして目に感染し、クラミジア結膜炎となることもあります。

ですので、クラミジアを予防する為には単にコンドームを使用するだけでは不十分です。

安易に不特定多数の相手と性行為を持つことを控えるのが一番の予防となります。

クラミジアの治療方法

クラミジアの治療には、抗生物質が使われます。

かつてはクラビットやミノマイシンなどの抗生物質がよく使われていましたが、近年では効果が悪くなってきておりあまり使われなくなっています。

現在クラミジアの治療には、ジスロマックが第一選択薬となっています。

ジスロマックは効果が長く続くため薬を飲む回数を抑えられますので、使い勝手がよく、菌が耐性を持ちづらい薬です。

また、妊婦の女性はクラビットなどを利用できませんが、ジスロマックなら利用することができます。

-blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

尖圭コンジローマの特徴や症状・原因・治療法

尖圭コンジローマってどんな病気? 尖圭コンジローマとは、性器の周辺にイボができる病気です。 ヒトパピローマウイルス(HPV)という名前のウイルスが感染することで発症しますが、潜伏期間が長いので感染に中 …

初めて性病を疑った時、なにをすべき?一番大事なことは?

初めて性病を疑った時、一番大事なこととは一体なんでしょうか。 原因を調べること? それとも、何の性病なのか把握することでしょうか? どちらも大事なことですが、一番大事なことは他にあります。 性病を疑っ …

性器ヘルペスの特徴や症状・原因・治療法

性器ヘルペスってどんな病気? 性器ヘルペスは、性器にヘルペスウイルスが感染することで発症する性感染症です。 一番分かりやすい症状としては、ポツッとした痛みのある水ぶくれです。 感染しても発症しない人も …

淋病の特徴や症状・原因・治療法

淋病ってどんな病気? 淋病は、淋菌という細菌が感染することで発症する性病で、淋菌感染症ともいいます。 クラミジア感染症と並び患者数の多い性病であり、クラミジア感染症を併発することも多いです。 有名な症 …