blog

尖圭コンジローマの特徴や症状・原因・治療法

投稿日:

尖圭コンジローマについて

尖圭コンジローマってどんな病気?

尖圭コンジローマとは、性器の周辺にイボができる病気です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)という名前のウイルスが感染することで発症しますが、潜伏期間が長いので感染に中々気付かないことが多いです。

また、発症しても痛みや痒みといった症状が少なく、悪化するまで放置されてしまうことも。

自己免疫力によってイボが自然に治るケースもありますが、治療しないとウイルス自体は潜伏しており再発したり性行為によって相手に感染させてしまう危険もあります。

その為、大したことはないと思ってもきちんと病院へ行って治療することが大切です。

コンジローマの症状

尖圭コンジローマは感染しても発症するとは限らず、発症する場合数か月から半年ほどと言われています。

発症すると、性器の周辺や内側、肛門の周りなどに小さなイボがでてきます。

イボの特徴は先が尖った2ミリ前後の小さなものですが、放置していると出てきたイボから次々に増殖してしまい、やがてニワトリのトサカの様になったり、カリフラワーの様になってしまう事も。

イボ自体には基本的に痛みや痒みはありませんが、増殖して大きくなってくると下着に触れて痛みを感じたり、性交痛を生じるようになってきます。

また、イボができることで性行為に、やがては異性と接することに消極的になってしまうケースもありますので、痛みがないからといって治療を先送りにしないよう気を付けましょう。

コンジローマになる原因

尖圭コンジローマは、基本的にヒトパピローマウイルス(HPV)が感染した人との性行為によって感染します。

では、相手の性器にイボがなければ問題ないのかと言えば、そういう訳でもありません。

先にも述べた通り尖圭コンジローマは潜伏期間が非常に長く、感染してから発症するまで数か月単位でかかります。

その為、相手の性器にイボが無くても感染していないとは限らず、また自分が気付かず相手に感染させてしまうケースも多いです。

予防の為には不特定多数の相手との性行為を控え、コンドームの着用も大事です。

尚、稀に温泉や銭湯などといった公衆浴場の風呂椅子やタオルなどから感染することもあるようです。

感染したら、タオルや下着などを他人と使いまわすのは止めましょう。

コンジローマの治療方法

尖圭コンジローマの治療方法は、大きく分けて2つあります。

それは、塗り薬と外科治療の治療です。

イボの大きさや数などによって適した治療法がありますので、病院の先生と相談してどの治療方法を受けるか決めましょう。

塗り薬

尖圭コンジローマの薬は、ベセルナクリームという塗り薬が使われています。

この薬はコンジローマのウイルスに対する免疫機能を高めてウイルス自体をやっつけることができる為、再発のリスクが少ない治療方法です。

また、海外の塗り薬を個人輸入で購入することができます。

外科治療

コンジローマの外科治療には、冷凍治療・外科的切除・レーザー治療などがあります。

冷凍療法は液体窒素でイボを凍らせ取り除く方法で、初期の小さなイボに有効です。

外科的切除は器具を使ってイボを切り取ってしまう方法で、大きなイボにも有効です。

レーザー治療は、外科的切除の後再発防止の為に使われることが多いです。

-blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クラミジアの特徴や症状・原因・治療法

クラミジアってどんな病気? クラミジアは、日本で一番感染者の多い性病だといわれています。 クラミジア・トラコマチスという細菌が原因となりますが、目立った症状が出ないケースが多く その為、発症に気付かず …

淋病の特徴や症状・原因・治療法

淋病ってどんな病気? 淋病は、淋菌という細菌が感染することで発症する性病で、淋菌感染症ともいいます。 クラミジア感染症と並び患者数の多い性病であり、クラミジア感染症を併発することも多いです。 有名な症 …

初めて性病を疑った時、なにをすべき?一番大事なことは?

初めて性病を疑った時、一番大事なこととは一体なんでしょうか。 原因を調べること? それとも、何の性病なのか把握することでしょうか? どちらも大事なことですが、一番大事なことは他にあります。 性病を疑っ …

性器ヘルペスの特徴や症状・原因・治療法

性器ヘルペスってどんな病気? 性器ヘルペスは、性器にヘルペスウイルスが感染することで発症する性感染症です。 一番分かりやすい症状としては、ポツッとした痛みのある水ぶくれです。 感染しても発症しない人も …