blog

淋病の特徴や症状・原因・治療法

投稿日:

淋病(淋菌感染症)について

淋病ってどんな病気?

淋病は、淋菌という細菌が感染することで発症する性病で、淋菌感染症ともいいます。

クラミジア感染症と並び患者数の多い性病であり、クラミジア感染症を併発することも多いです。

有名な症状としては、やはり男性器の尿道から膿が出るというものではないでしょうか。

女性器の感染では症状が出ないケースもあり、気付きにくいのが難点です。

淋病の症状

淋菌感染症は、男性の場合非常に分かりやすい症状が出ることが多いです。

感染後2日から1週間ほどで、尿道に痛みを感じたり、黄色い膿が出てきたりします。まれに無症状で経過することがありますが、ほとんどの男性は異変に気付くでしょう。

一方で女性の場合は症状が出にくい為無自覚なケースも多く、自分で気付かないうちに感染を広げてしまうことも。

もしパートナーが淋病にかかったとしたら、自分は特に症状がなかったとしても必ず検査を受けるようにしましょう。

そして、自分が淋病にかかったら、パートナーにも正直に伝えて検査を受けてもらってください。

淋病を放置していると

淋菌感染症は、女性の場合症状が出にくい、または出ても分かりにくい事が多い為気付かず放置してしまうケースもあります。

しかし、自然に治る病気ではなく放置していると取返しのつかない事になる危険があります。

男性は前立腺炎や精巣上体炎といった病気に繋がり、女性は骨盤内感染症、卵管炎、異所性妊娠となり子供を作るのに大きな障害となる恐れがありますので気を付けましょう。

男性の症状

  • 尿道の痛みや炎症・腫れ
  • 排尿痛や勃起時の痛み
  • 尿道から黄色い膿が出る

女性の症状

  • おりものの増加
  • おりものがネバネバする、黄緑色に
  • 下腹部の痛み
  • 排尿痛など

淋病になる原因

淋病は、淋菌という細菌の仲間が性器に感染することで発症します。

咽頭にも感染する為、単純な性交のほかオーラルセックスによって感染することもあります。

咽頭へ感染した場合症状が出ることは少ない為、感染を広げやすくなってしまいます。

また、菌が付着した手で目をこするなどして、目に感染することもあります。

予防の為にはコンドームは勿論必要ですが、むやみに多数の相手と性行為を持たないのが一番の予防となります。

出産時に赤ちゃんが感染することも

妊娠中にお母さんが淋病に感染した場合、出産時に赤ちゃんへと感染してしまう事があります。

この場合目に感染することが多く、失明の恐れがあります。

淋病の治療方法

淋菌感染症の治療には、抗生物質が使われます。

ただし、淋菌は薬に対して耐性を持ちやすく、かつて使われてきた抗生物質はほとんど効果が出なくなってきています。

現在はロセフィン・ケニセフ・トロビシンなどの注射が最も効果の高い治療法だと言われています。

その為淋菌感染症は再発であっても病院で治療するのがおすすめです。

なんらかの理由で注射薬の投与が難しい場合、セフスパンという飲み薬が使われます。

-blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

尖圭コンジローマの特徴や症状・原因・治療法

尖圭コンジローマってどんな病気? 尖圭コンジローマとは、性器の周辺にイボができる病気です。 ヒトパピローマウイルス(HPV)という名前のウイルスが感染することで発症しますが、潜伏期間が長いので感染に中 …

クラミジアの特徴や症状・原因・治療法

クラミジアってどんな病気? クラミジアは、日本で一番感染者の多い性病だといわれています。 クラミジア・トラコマチスという細菌が原因となりますが、目立った症状が出ないケースが多く その為、発症に気付かず …

初めて性病を疑った時、なにをすべき?一番大事なことは?

初めて性病を疑った時、一番大事なこととは一体なんでしょうか。 原因を調べること? それとも、何の性病なのか把握することでしょうか? どちらも大事なことですが、一番大事なことは他にあります。 性病を疑っ …

性器ヘルペスの特徴や症状・原因・治療法

性器ヘルペスってどんな病気? 性器ヘルペスは、性器にヘルペスウイルスが感染することで発症する性感染症です。 一番分かりやすい症状としては、ポツッとした痛みのある水ぶくれです。 感染しても発症しない人も …